スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURLを表示 | スポンサー広告 | ▲ top
東のニコライ皇帝陛下の思い出
2010/02/11(Thu)
昨日のダーリンの記事で訃報が掲載されましたが、
親しくさせて戴いている東の帝国のニコライ皇帝陛下が、崩御されました。
12歳のお誕生日をお迎えになられた直後でした。
ここに、謹んで哀悼の意を表させて戴きます。

皇帝陛下とご同居のごろちゃん皇子様、ちゃちゃおひい様、
そして今は亡きななん様とぷーぴー様のお世話をなさる伯爵夫人様との、
ワタクシからの一方的なおつきあいは、ワタクシがこのブログを始めた約2年前に遡ります。

「ロシアンブルーのニコライなんて、ほかにいないだろう!」
なーんていう思い上がったココロから、

「ロシアンブルー ニコライ」

と検索したところ、伯爵夫人様のブログがヒットいたしました。
当時10歳のニコライ皇帝陛下がおわしました。
そこから、夫婦で一方的にあちらの様子を覗き見る日々となりました。

が、ある日ダーリンが思いきって
「我が帝国にもロシアンブルーのニコライ皇帝陛下がおわします(ダーリン風)」
と、コメントさせて戴いたところから、双方向のおつきあいをして戴くようになりました。
以来ダーリンのブログでは、あちらは「東の帝国のニコライ皇帝陛下」、
こちらは「日出(ひいづる)ニコライブルク帝国のニコライ皇帝陛下」として、外交関係がございます。

東の帝国の皇帝陛下はたいへん凛としたお顔立ちのロシアンブルーで、
知の神が宿っているのではないか、と思われるほどでした。
おつきあいがはじまった当時、我が家のニコライくんはまだ1歳未満のおこちゃまでしたので、
こんな素敵なおとにゃになってくれればいいな、と強く感じた次第です。


2年前のニコライくん(8ヶ月半)とジョゼフィンちゃん(5ヶ月)
2年前のニコ(2008.02.05)2年前のジョゼ(2008.02.05)

でも、伯爵家でのまいにちの生活を垣間見させて戴きますと、
そんな陛下もたいへん甘えんぼうさんであることがわかりました。
ロシアンブルーは、基本的に甘えんぼうさんなんだなあ、などと、
我が家の甘えんぼう程度に安心させて戴いたりしておりました。

皇帝陛下は昨年末に悪性腫瘍に苛まれましたが、大手術を経て大きく復活の兆しが見えていた矢先の、
突然の崩御の報でした。

手術の後、伯爵夫人様が「お誕生日までがんばって!」とおっしゃって、
陛下はそれをご理解なさっていたかのように、2月8日のお誕生日をお迎えになられました。
ああ、まだまだしばらくは、陛下の凛としたお姿を拝見できる。
そう思えるほど、ニコライ陛下には生命力が感じられました。

ねこさんは、不調をギリギリまで隠すと言います。
つい先日、虹の橋へ向かった佐助くんも、あっという間のできごとだったとお見受けいたします。
ワタクシたちに心配をかけたくない、ねこさんという生き物は、そんなことを考えてくれているのでしょうか?

ニコライ皇帝陛下、がんばってよく生き抜きました! 
ヴァルハラで安らかにお休みくださいませ。
でも、新たなご活躍もお願い申し上げます。
いつか、我が家のニコライくんが謁見を賜りに参りますから。
そこで、夢の「ニコライ陛下 ニコライ陛下に謁見す」を実現させてください。


現在のニコ(2010.01.23)

でも、ジョゼフィンちゃんとそっくりな佐助くん、
同じ種、同じ名前のニコライ陛下...と、
ワタクシは家でぼろぼろ泣きっぱなしの状態です。涙腺が弱いんです。

Thanx a lot for your visit!   Visit again to see Nicolai, Josephine & Freyja!
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 ランキング参加中! FC2 Blog Ranking 
「ロシアンブルー」の「ニコライ」は、他にも数にゃんいるようです。
全世界的に探してみたら、たくさんたくさんいそうです。
スポンサーサイト
この記事のURLを表示 | EverydayLife | Comment(8) | ▲ top
<<ぎうぎうでシアワセ♪ | HOME | おいしそうなのよっ!>>
コメント♪
-  -
愛猫の死ほど悲しいことはないですよね。
私も先住猫の死を乗り越えるまで相当な日々が
かかったのをおもいだします。
時間が少しづつ悲しみから解放してくれるんですが…。

ブログを通じて悲しみを分かち合うことにより
だいぶ救われますよね…。
東の帝国のニコライ皇帝陛下様安らかにお眠りくださいませ。
2010/02/11 21:46  | URL | Cキャット #-[ 編集] ▲ top
-  -
12歳のお誕生日を迎えてすぐだったのですね。
残念です。まぐと同じリンパ腫だったと思うととても胸が痛みました。
虹の橋でまぐと会ったら仲良くしてもらいたいな~と思いました。
東の帝国のニコライ皇帝陛下さまのご冥福を心より
お祈り申し上げます。
2010/02/11 22:35  | URL | キキ #-[ 編集] ▲ top
-  -
コメントありがとうございました!
愛猫との別れは考えただけでも悲しい気分になります。私はまだ別れに遭遇した事がありませんが、元気なにゃんこがもし・・・って思うと涙があふれてきてしまいます。
うちのこも発見が遅かったら危険な目にあうところでしたし、私たち家族が日ごろのにゃんこの状態を良く見ていてあげなきゃって思いますね。
2010/02/11 23:11  | URL | はいいろにゃんこ #-[ 編集] ▲ top
-  -
コメントありがとうございました。
愛猫との別れは考えただけでも辛くなります・・・私はにゃんことの別れを経験したことはないですが、もしも・・・って思うと悲しくて胸が痛みます。
今回うちのシアン君も病気になり、発見が遅かったら危ない所だったと思い、日ごろ私たちが状態を良く見ていてあげなきゃ!って感じますね。
2010/02/11 23:20  | URL | はいいろにゃんこ #-[ 編集] ▲ top
-  -
記事を読んでいる私がこれだけポロポロと泣いているのだから
伯爵夫人様は一体どれほど辛いだろうかと・・・
気丈に書かれているご様子がさらに涙を誘ってしまいます。
あれほど賢明に闘病されていたのに・・・運命の一言で終わらせるには
悲しすぎます。

家の子たちともいつか必ず来る別れですが、
それがまだまだ当分先でありますように。とお別れの話を聞くたびに強く思います。
2010/02/12 00:27  | URL | Tarassaco #-[ 編集] ▲ top
-  -
Rucionさま、記事にしてくださりありがとうございます。
皇帝陛下もお喜びなさっているに違いござあません!

偶然にも同じ理由からニコライという名前で遊ばす日出帝国皇帝陛下及び東国帝国皇帝陛下でござあました。

皇帝陛下が結んでくださった侍従様及びRucion様との交友及び外交。
そしてそこからさらに交友を結ぶことができた皆様。
皆様からの応援であてくしも皇帝陛下も一緒に手術を乗り越えここまで過ごすことができました。

日出帝国皇帝陛下、皇太子殿下、ジョセ様、女神様におかれましては、お元気で遊ばすこと。これがRucion様や侍従様への最大のプレゼントかと。

皇帝陛下の体調を気遣ってくださり、いつも応援くださり、ありがとうござあました。
そして、これからもよろしくお願いいたしましてよ。



2010/02/12 05:02  | URL | 伯爵夫人 #-[ 編集] ▲ top
-  -
それは・・・辛いですね。
人も猫も、限りある命とわかっていても
やはり別れは辛いものです。
でも重い体を脱ぎ捨てて、今は虹の向こうで
自由気ままに走り回っていることでしょう。
でもいつか、会えるから・・・・・私はそう思っています。


2010/02/12 22:01  | URL | oceangecko #-[ 編集] ▲ top
-  -
みなさま、伯爵夫人様とニコライ皇帝陛下のために、
コメントをありがとうございました。

>Cキャットさん
おっしゃる通りです。ワタクシも実家のモモちゃんを
なくしたときは、放心状態が続きました。
でも、ブログがない時代は、落ち込んでいることを
周囲に人がわかってくれないのでなおさら悲しく
なったものですが、ブログの友は同じ思いを理解して
くれる支えですね。

>キキさん
ロシアンブルー同士、まぐちゃんと陛下はなかよく
していると思います。虹の橋のたもとでは、
みんなシアワセなのだそうですから。
いつかうちのコたちにもあるかもしれないこと、
泣いても強く乗り切らなくてはならないのだと、
お知らせのたびに感じております。

>はいいろにゃんこさん
そうなんですよね。想像するだけで涙がじわっと
出てきたり。
ねこさんは、「あれ、変かな?」と思ったらすぐに
病院へ連れて行くのが正解だと思います。
行ってみて「なんともありませんよ」と言われたら
ラッキ~♪ というように。今回、シアンくんは
早期でよかったですね! お大事に。

>Tarassacoさん
伯爵夫人様の気丈な御振る舞いには、ほんとうにすばらしくて。
ワタクシには無理であろうと思っております。
ここ数日、泣きっぱなしで腫れた目で出勤でした(泣)
神様のせいなのか運命のせいなのか、なんとも言えませんが、
ねこさんと暮らすものの責任として、まいにち楽しく、
そしてできるかぎり健康に過ごさせてあげなくては
なりませんね。

>伯爵夫人様
このような折にコメントを戴き、ありがとうございます。
改めまして、謹んでお悔やみを申し上げます。
ニコライ陛下との2年間を思い出しながら、
したためさせていただきました。
ほんとうに、ニコライ陛下と我が家のニコライくんが
結んでくれたご縁を、これからも大切にさせて戴きたいと
思います。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

>oceangeckoさん
おっしゃる通り。わかっていてもつらいもの。
だから、まいにちを精いっぱい、ですね。
虹の橋で、これからずーっと気ままに遊んで
眠って、好きなことをしていてくれたらうれしいですね。

そう、いつか会えるんです。
2010/02/13 11:59  | URL | Rucion #C8yVuyDQ[ 編集] ▲ top
コメントの投稿♪















 チェックするとRucionだけが読めます♪

   ▲ top

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。